シャームの民のヌスラ戦線の動き(2014年7月12日)

AMC(7月12日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線指導者のムハンマド・アブー・ジャウラーニー氏が、アレッポ県内某所での戦線司令官会合に突如姿を現し、アブー・バクル・バクダーディー氏による「イスラーム国」樹立宣言に対抗するかたちで、「アレッポ・イスラーム首長国」樹立を宣言した。

Kull-na Shuraka', July 12, 2014

Kull-na Shuraka’, July 12, 2014

ジャウラーニー氏は、組織改編などを審議事項としていた会合の議長を務め、司令官らに「ジハード継続」を訴えるとともに、「イスラーム国」樹立宣言に対抗するかたちで、「アレッポ・イスラーム首長国樹立を宣言した」と告げたという。

またジャウラーニー氏は、「アレッポ・イスラーム首長国」が、ヌスラ戦線だけでなく、参加を希望する勢力によって構成されるが、主たる目的は、アッラーの法による適用、腐敗者との戦いにある」と付言したという。 

AFP, July 12, 2014、AMC, July 12, 2014、AP, July 12, 2014、ARA News, July 12, 2014、Champress, July 12, 2014、al-Hayat, July 13, 2014、Kull-na Shuraka’, July 12, 2014、al-Mada Press, July 12, 2014、Naharnet, July 12, 2014、NNA, July 12, 2014、Reuters, July 12, 2014、SANA, July 12, 2014、UPI, July 12, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク