レバノンの動き(2014年7月19日)

『サフィール』(7月19日付)は、レバノンの内務治安郡総局が米国からの情報をもとに、シリア人反体制武装集団がレバノン国内で計画していた大規模な「軍事作戦」を阻止したと報じた。

同報道によると、この「軍事作戦」はベカーア県バアルベック郡ナフラ村で18日に計画されており、少なくとも2,000人の戦闘員が参加を予定、「レバノン国内の宗派対立を助長するための虐殺」、「ルーミヤ刑務所に収監中のジハード主義者との交換を目的としたナフラ村などの住民数十人の拉致」が企図されていたのだという。

AFP, July 19, 2014、AP, July 19, 2014、ARA News, July 19, 2014、Champress, July 19, 2014、al-Hayat, July 20, 2014、Kull-na Shuraka’, July 19, 2014、al-Mada Press, July 19, 2014、Naharnet, July 19, 2014、NNA, July 19, 2014、Reuters, July 19, 2014、SANA, July 19, 2014、
al-Safir, July 19, 2014、UPI, July 19, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク