シリアの反体制勢力の動き(2014年8月17日)

シリア国内で活動する民主的変革諸勢力国民調整委員会が、シリア北東部で自治を進める西クルディスタン移行期民政局所属のアッシリア民主党とキリスト教市民連合との間に「相互理解文書」に締結した。

「相互理解文書」はハサカ県アームーダー市で14日付で締結され、①独裁体制の廃止と、自由、尊厳、公正民主主義の実現、②排外主義、宗派主義、分割主義の拒否、③ジュネーブ合意に基づいた交渉による紛争の政治的解決、④外国の軍事的干渉、暴力停止に資さない介入の拒否、⑤外国人戦闘員の排除、をめざすことが定められている。

『ハヤート』(8月18日付)などが報じた。

AFP, August 17, 2014、AP, August 17, 2014、ARA News, August 17, 2014、Champress, August 17, 2014、al-Hayat, August 18, 2014、Kull-na Shuraka’, August 17, 2014、al-Mada Press, August 17, 2014、Naharnet, August 17, 2014、NNA, August 17, 2014、Reuters, August 17, 2014、SANA, August 17, 2014、UPI, August 17, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.