レバノンの動き(2014年8月25日)

シャームの民のヌスラ戦線幹部の一人は、8月初めのベカーア県バアルベック郡アルサール村襲撃時に拘束した内務治安軍総局隊員らの処遇に関して、アナトリア通信(8月25日付)に「ヒズブッラーは拘束されている隊員解放の交渉を妨害しようとしてカラムーン(シリアのダマスカス郊外県)への攻撃を計画している…。しかしこうしたシナリオは人質に死をもたらすことになる…。我々はシリアに戻るまでアルサールの人質を手放さない」と述べた。

AFP, August 25, 2014、Anadolu Ajansı, August 25, 2014、AP, August 25, 2014、ARA News, August 25, 2014、Champress, August 25, 2014、al-Hayat, August 26, 2014、Kull-na Shuraka’, August 25, 2014、al-Mada Press, August 25, 2014、Naharnet, August 25, 2014、NNA, August 25, 2014、Reuters, August 25, 2014、SANA, August 25, 2014、UPI, August 25, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レバノンの動き(2014年8月25日)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Delicious にシェア
Digg にシェア
Facebook にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
email this
LINEで送る
Pocket

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク