諸外国の動き(2014年8月25日)

ドイツ外務省報道官は記者会見で、「アサド大統領の体制は3年におよぶ内戦で約20万人を殺害した」と主張したうえで、「我々がいかに誠実であったとしても、「ダーイシュ(イスラーム国)はアサドよりも悪く、ダーイシュほど悪くない勢力と協力しなければならない」といった政治的リアリズムのもとに、このことを無視することは想像できない」と述べた。

なお、ロンドンを拠点とする反体制組織のシリア人権監視団による最新の犠牲者総数(推計)は18万215人で、うち民間人(武装した民間人を含むという)が5万8,805人(うち子供9,428人、女性6,036人)、軍および親政権民兵が6万8,780人(うち軍、治安部隊が4万438人、人民諸委員会や国防隊が2万5,927人)、反体制武装集団戦闘員が4万9,699人、シャームの民のヌスラ戦線やイスラーム(ダーイシュ)などに属す外国人戦闘員が1万6,855人、ヒズブッラーなどの親政権の外国員戦闘員が1,854人、身元不明が2,931人。

「アサド大統領の体制は3年におよぶ内戦で約20万人を殺害した」とのドイツ外務省報道官は事実に反する。

AFP(8月25日付)が伝えた。

**

マーティン・デンプシー統合参謀本部議長は『デイリー・メール』紙(8月25日付)に対し、米国内の安全保障が脅かされれば、シリア領内でダーイシュ(イスラーム国)に対して空爆を行う可能性があると述べた。

**

『ハヤート』(8月26日付)によると、トルコのイスタンブール市郊外で、シリア人避難民の存在に不満を訴える住民数百人が抗議行動を行い、警察と衝突した。

AFP, August 25, 2014、AP, August 25, 2014、ARA News, August 25, 2014、Champress, August 25, 2014、
The Daily Mail, August 25, 2014、al-Hayat, August 26, 2014、Kull-na Shuraka’, August 25, 2014、al-Mada Press, August 25, 2014、Naharnet, August 25, 2014、NNA, August 25, 2014、Reuters, August 25, 2014、SANA, August 25, 2014、UPI, August 25, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク