2014年1月31日のシリア情勢:反体制勢力の動き

Syria-News(1月31日付)は、ラッカ市のカフェでビリヤードに興じるイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)の戦闘員の写真を公開した。

**

クッルナー・シュラカー(1月31日付)は、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)が最近、ハンサー大隊、ウンム・ライヤーン旅団という二つの女性武装部隊を結成したと報じた。

Kull-na Shuraka', January 31, 2014
Kull-na Shuraka’, January 31, 2014

 

この部隊は18歳から25歳の女性から構成され、メンバーには月25,000シリア・ポンド(200ドル)の報酬が支払われるという。

またクッルナー・シュラカー(2月4日付)によると、ハンサー大隊は約60人の女性から編成されているという。

Kull-na Shuraka', January 31, 2014

Kull-na Shuraka’, January 31, 2014

**

フザイファ・ブン・ヤマーン大隊は声明を出し、ラッカ県でのイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)とそれ以外の武装集団との戦闘で中立を宣言しているにもかかわらず、シャームの民のヌスラ戦線、ラッカ革命家旅団、シャーム自由人イスラーム運動が、大隊戦闘員12人を逮捕したと非難した。

しかし声明によると、大隊を構成する一つの連隊がシャーム自由人イスラーム運動に、また別の連隊がダーイシュに加わり、戦闘を行っているという。

**

リハーブ・ニュース(1月31日付)は、ハサカ県マーリキーヤ(ダイリーク)市郊外のスィーマールカーとチグリス川対岸のフィーシュハーブールの間に位置するスィーマールカー国境通行所経由でのシリアからイラクへの治療目的での越境に関して、国境通行所局が新たな規則を定めたと報じた。

同報道によると、新規則では、治療目的でイラク・クルディスタン地域に入国する場合、西クルディスタン移行期民政局執行評議会の保健委員会(保健省)が発行した診断書が必要で、患者以外には親族1名のみに同行が認められている、という。

**

シリア・ムスリム同胞団のムハンマド・リヤード・シャカファ最高監督者は、シリア革命反体制勢力国民連立からの脱会に関して「謝った行いになる」と述べ、脱会する意思がないことを明らかにした。

クッルナー・シュラカー(1月31日付)が伝えた。

**

シリア人権監視団は、ジュネーブ2会議期間中(1月22日~30日晩)までのシリア国内での死者数が1,870人にのぼったと発表した。

うち498人が民間人、464人が反体制武装集団戦闘員、208人がイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)とシャームの民のヌスラ戦線、454人が軍兵士、国防隊、親政権民兵、3人が民主連合党人民防衛隊だという。

AFP, January 31, 2014、AP, January 31, 2014、Champress, January 31, 2014、al-Hayat, January 31, 2014、Iraqinews.com, January 31, 2014、Kull-na Shuraka’, January 31, 2014, February 4, 2014、Naharnet, January 31, 2014、NNA, January 31, 2014、Reuters, January 31, 2014、Rihab News, January 31, 2014、SANA, January 31, 2014、Syria-news.com, January 31, 2014、UPI, January 31, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク