シリア国内の暴力(2014年11月13日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、フラーク市各所をシリア軍が空爆し、女児1人が死亡、またジャースィム市への空爆でも男児1人が死亡した。

またシリア軍はシャイフ・マスキーン市、ナワー市でシャームの民のヌスラ戦線などと戦闘、戦闘員3人を殺害した。

一方、Champress(11月13日付)によると、ナワー市、ダイル・アダス村、ブスラー・シャーム市、バイト・ジャマル村、イブタア町、ダルアー市アバーズィード地区、マンシヤ地区で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がタルビーサ市を砲撃、これに対してジハード主義武装集団もジャッブーリーン村を砲撃した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がアレッポ市北部の第80旅団基地一帯でアンサール・ディーン戦線と交戦する一方、シリア軍はアレッポ市ハラービラ地区、カラム・タッハーン地区を空爆した。

一方、Champress(11月13日付)によると、アレッポ市旧市街、マルジャ地区、ライラムーン地区、ザバディーヤ地区、カースティールー街道地区、ラーシディーン地区、ハンダラート・キャンプ東部、フライターン市、ハーン・アサル村などで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、カラムーン山地一帯郊外無人地帯でシリア軍とジハード主義武装集団と交戦する一方、キスワ市近郊のマーニア山一帯などをジハード主義武装集団が迫撃した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がジャウバル区で、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

**

イドリブ県では、Champress(11月13日付)によると、ビダーマー町、カフルシャラーヤー村、アブー・ズフール町一帯、ブワイティー村、カルア・ガザール村、カフルナジュド村周辺、アルバイーン山Syriatel塔一帯、マアッラト・ヌウマーン市で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 13, 2014、AP, November 13, 2014、ARA News, November 13, 2014、Champress, November 13, 2014、al-Hayat, November 14, 2014、Kull-na Shuraka’, November 13, 2014、al-Mada Press, November 13, 2014、Naharnet, November 13, 2014、NNA, November 13, 2014、Reuters, November 13, 2014、SANA, November 13, 2014、UPI, November 13, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク