2014年の死者は7万6,021人、うち民間人は約3万3,300人、イスラーム国など反体制派戦闘員は約2万人、シリア軍将兵らは約2万3,000人(2,015年1月1日)

シリア人権監視団は、2014年1年間のシリアでの紛争による死者数が7万6,021人に上ったと発表した。

死者の内訳は以下の通り:

ジハード主義者など反体制武装集団戦闘員1万5,488人
離反兵259人
ダーイシュ(イスラーム国)、シャームの民のヌスラ戦線、ジュヌード・シャーム、ジュンド・アクサー、ジュンド・シャーム機構、ハドラー大隊などの外国人戦闘員1万6,979人

シリア軍将兵1万2,861人
国防隊、バアス大隊、シリア人族主義社会党民兵、アレキサンドレッタ地方解放人民戦線、「シャッビーハ」、政権側の密告者9,766人
ヒズブッラー戦闘員366人
イラン人・アフガン人戦闘員、クドス旅団など2,167人

民間人3万3,278人(うち子供3,501人、18歳以上の女性1,987人、18歳以上の男性1万2,302人)
身元不明345人

ロンドンに拠点を置く反体制組織のシリア人権監視団による統計は、メディアなどがもっとも多く引用するデータで、その数値(内訳)を見ると、「…アサド政権19万人の虐殺」といった見出しが不正確であることが確認できる。

Syriahr.com, January 1, 2015をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク