「モスクワ1」をめぐる反体制勢力の動き(2015年1月23日)

エジプトのカイロで開催されているシリアの主要な反体制政治組織の代表らによる会合(22日に開幕)は、閉幕声明の内容を協議するための三者委員会を設置した。

三者委員会は、シリア革命反体制勢力国民連立のファーイズ・サーラ氏、民主的変革諸勢力国民調整委員会のハイサム・マンナーア氏、シリア国家建設潮流のムナー・ガーニム副代表からなる。

シリア革命反体制勢力国民連立のバッサーム・マリク氏によると、三者委員会は、「シリアを真に民主的社会に移行するための、全権を有する移行期政府の選出」方法などについて駐中的に議論した、という。

マリク氏によると、在外の活動家(シリア反体制勢力国民連立)は移行期におけるアサド大統領、既存の治安機関の役割を拒否しているのに対して、国内の活動家(民主的変革諸勢力国民調整委員会、シリア国家建設潮流)は、カイロからの帰国後に投獄されることを懸念し、これに消極的だという。

『ハヤート』(1月24日付)が伝えた。

**

ARA News(1月23日付)は、ロシア外務省筋の話として、シリア革命反体制勢力国民連立が今月末にモスクワで開催予定のシリア政府と反体制派の和平交渉(「モスクワ1」)への参加を拒否した、と伝えた。

これに関して、シリア革命反体制勢力国民連立のサーリム・ムスラト報道官は22日深夜、今月末にモスクワで開催予定のシリア政府と反体制派の和平交渉(「モスクワ1」)への正式な招待状を受け取っておらず、メンバーが参加した場合も、組織とは無関係で、個人としての参加になる、と述べた。

AFP, January 23, 2015、AP, January 23, 2015、ARA News, January 23, 2015、Champress, January 23, 2015、al-Hayat, January 24, 2015、Iraqi News, January 23, 2015、Kull-na Shuraka’, January 23, 2015、al-Mada Press, January 23, 2015、Naharnet, January 23, 2015、NNA, January 23, 2015、Reuters, January 23, 2015、SANA, January 23, 2015、UPI, January 23, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク