シリア軍高級使節団がイラクを訪問し、ダーイシュに代表される「共通の敵」に対する作戦と国境地帯の安全保障対策での連携強化を確認(2017年6月14日)

イラク国防省は、シリア軍の高級使節団が首都バグダードを訪問し、イラク軍幹部と会談、両国国境の安全保障について意見を交わした。

ダーイシュ(イスラーム国)との戦いを続ける両国軍がこうした会合を持つのはこれが初めて。

シリア国防省幹部から構成される軍高級使節団は、イラク軍のウスマーン・ガーニミー参謀長(一等大将)らと会談し、イラク攻防省によると、イラク・シリア両軍の作戦地をテロ組織ダーイシュに代表される共通の敵に対する一つの戦地と位置づけ、両軍による諜報の交換、国境地帯の掌握、テロへの圧力継続などの分野での協力・調整の強化と、そのための合同作戦本部の設置の必要を確認したという。

『ハヤート』(6月15日付)が伝えた。

AFP, June 14, 2017、AP, June 14, 2017、ARA News, June 14, 2017、Champress, June 14, 2017、al-Hayat, June 15, 2017、Kull-na Shuraka’, June 14, 2017、al-Mada Press, June 14, 2017、Naharnet, June 14, 2017、NNA, June 14, 2017、Reuters, June 14, 2017、SANA, June 14, 2017、UPI, June 14, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク