ダルアー市で停戦が維持されるなか、ダマスカス県東部、ダマスカス郊外県東グータ地方でシリア軍と反体制武装集団の戦闘激化(2017年6月18日)

ダルアー県では、シリア人権監視団、イナブ・バラディー(6月18日付)などによると、ロシア、米国、ヨルダンの仲介による停戦合意を受け、ダルアー市一帯では、シリア軍、親政権武装勢力、南部戦線が戦闘を停止、また南部戦線と連携するアル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団(「堅固な建造物」作戦司令室)の戦闘を停止した。

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がジャウバル区を12回にわたって空爆した。

また同地では、シリア軍と反体制武装集団(ラフマーン軍団など)が交戦した。

**

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(6月18日付)によると、シリア軍がアイン・タルマー村一帯およびダマスカス県ジャウバル区を見下ろすことができる丘陵地帯に進軍し、反体制武装集団と交戦した。

また、シリア人権監視団によると、シリア軍はアイン・タルマー村一帯を少なくとも2回にわたって空爆した。

AFP, June 18, 2017、AP, June 18, 2017、ARA News, June 18, 2017、Champress, June 18, 2017、al-Hayat, June 19, 2017、‘Inab Baladi, June 18, 2017、Kull-na Shuraka’, June 18, 2017、al-Mada Press, June 18, 2017、Naharnet, June 18, 2017、NNA, June 18, 2017、Reuters, June 18, 2017、SANA, June 18, 2017、UPI, June 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク