シャーム解放委員会メンバー2人の殺害をめぐって、シャーム自由人イスラーム運動と共闘するシャームの鷹運動との緊張高まる(2017年7月13日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(7月13日付)によると、ザーウィヤ山に近いハントゥーティーン村でシャーム解放委員会メンバー2人が遺体で発見された。

これを受け、シャーム解放委員会とシャームの鷹運動(シャームの鷹旅団)は、両組織の代表からなる委員会を設置し、事件を調査・審理することを合意する手書きの文書を交わした。

Kull-na Shuraka’, July 13, 2017

だが、その数時間後、シャーム解放委員会は声明を出し、シャームの鷹運動の犯行と断じて非難した。

Kull-na Shuraka’, July 13, 2017

またこれに対抗するかたちで、シャームの鷹運動と共闘関係にあるシャーム自由人イスラーム運動は合意に反すると反論、シャームの鷹運動に対する攻撃があった場合は反撃すると表明した。 

Kull-na Shuraka’, July 13, 2017

AFP, July 13, 2017、AP, July 13, 2017、ARA News, July 13, 2017、Champress, July 13, 2017、al-Hayat, July 14, 2017、Kull-na Shuraka’, July 13, 2017、al-Mada Press, July 13, 2017、Naharnet, July 13, 2017、NNA, July 13, 2017、Reuters, July 13, 2017、SANA, July 13, 2017、UPI, July 13, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク