トルコ軍が国境地帯の樹木を伐採し、堀を建設するなか、ロジャヴァの拠点都市アフリーン市でオジャラン氏の布画の制作進む(2017年11月6日)

アレッポ県では、ANHA(11月6日付)によると、トルコ軍が西クルディスタン移行期民政局支配下のラージュー町近郊のバーリヤ村の国境地帯で、樹木150本を伐採、堀の建設を続けた。

ANHA, November 6, 2017

一方、県北西部における西クルディスタン移行期民政局の拠点都市のアフリーン市では、クルディスタン労働者党(PKK)のアブドゥッラ・オジャラン氏の巨大な布画の制作が続けられた。

ANHA(11月6日付)が伝えた。

ANHA, November 6, 2017

AFP, November 6, 2017、ANHA, November 6, 2017、AP, November 6, 2017、ARA News, November 6, 2017、Champress, November 6, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 6, 2017、al-Hayat, November 7, 2017、al-Mada Press, November 6, 2017、Naharnet, November 6, 2017、NNA, November 6, 2017、Reuters, November 6, 2017、SANA, November 6, 2017、UPI, November 6, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク