ムーハサン市(ダイル・ザウル県)でダーイシュの特攻攻撃でシリア軍兵士34人が死亡する一方、ロシア・シリア領グインはダイル・ザウル県を激しく爆撃(2017年11月7日)

ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(11月7日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)の特攻戦闘員(インギマースィー)がムーハサン市でシリア軍に対して自爆攻撃を行い、スハイル・ハサン准将が指揮するシリア軍部隊とトゥルキー・ブーハムド氏が指揮する部族民兵合わせて34人が死亡した。

一方、『ハヤート』(11月8日付)によると、ロシア・シリア両軍の戦闘機およびヘリコプターが、ユーフラテス川右岸(西岸)のクーリーヤ市を35回以上にわたり空爆した。

またダイル・ザウル24(11月7日付)によると、戦闘機(所属明示せず)はクーリーヤ市のほかにもアシャーラ市、シャアファ村の渡船場、ブーカマール市近郊の村々を空爆した。

AFP, November 7, 2017、ANHA, November 7, 2017、AP, November 7, 2017、ARA News, November 7, 2017、Champress, November 7, 2017、DeirEzzor24, November 7, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 7, 2017、Euphrates Post, November 7, 2017、al-Hayat, November 8, 2017、al-Mada Press, November 7, 2017、Naharnet, November 7, 2017、NNA, November 7, 2017、Reuters, November 7, 2017、SANA, November 7, 2017、UPI, November 7, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク