アウン大統領はハリーリー首相と会談し、辞職受理を固辞(2017年11月22日)

21日に帰国したサアド・ハリーリー首相は、大統領宮殿でミシェル・アウン大統領と会談し、自らの辞意表明に対する説明を行った。

会談後、ハリーリー首相は「大統領と私の辞職について協議した。大統領は私の辞職を受理する前に…協議を続けさせて欲しいと猶予を求めてきた…。アウン大統領が私に示してくれた好意に感謝したい…。またすべてのレバノン国民に謝意を示したい…。憲法を遵守するナビーフ・ビッリー国民議会議長にも謝意を表明したい」と述べた。

ナハールネット(11月22日付)が伝えた。

AFP, November 22, 2017

AFP, November 22, 2017、ANHA, November 22, 2017、AP, November 22, 2017、ARA News, November 22, 2017、Champress, November 22, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 22, 2017、al-Hayat, November 23, 2017、al-Mada Press, November 22, 2017、Naharnet, November 22, 2017、NNA, November 22, 2017、Reuters, November 22, 2017、SANA, November 22, 2017、UPI, November 22, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き パーマリンク