ハマー県北東部ラフジャーン村一帯でシリア軍とアル=カーイダ系のシャーム解放委員会などからなる武装集団が交戦(2017年12月3日)

ハマー県では、SANA(12月3日付)によると、シリア軍が、アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会などからなる武装集団の支配下にある県北東部のラフジャーン村一帯を爆撃した。

シリア軍はまた、予備部隊とともに同地一帯でシャーム解放委員会などからなる武装集団と交戦した。

**

ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月3日付)によると、シリア軍が東グータ地方のハムーリーヤ市を爆撃し、女性と子どもを含む13人が死亡、数十人が負傷した(シリア人権監視団によると死者数は19人)。

AFP, December 3, 2017、ANHA, December 3, 2017、AP, December 3, 2017、ARA News, December 3, 2017、Champress, December 3, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 3, 2017、al-Hayat, December 4, 2017、al-Mada Press, December 3, 2017、Naharnet, December 3, 2017、NNA, December 3, 2017、Reuters, December 3, 2017、SANA, December 3, 2017、UPI, December 3, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク