シリア軍はハマー県北東部、ダマスカス郊外県で反体制武装集団と交戦(2017年12月18日)

ハマー県では、SANA(12月18日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、県北東部のズラーキーヤート村とザリーン村を結ぶ回廊一帯でシャーム解放機構などからなる武装集団と抗戦し、戦闘員30人以上を殲滅した。

シリア軍はまた、県北部のザカート村、ラターミナ町、カフルズィーター市、さらにはイドリブ県南部のシャーム解放機構拠点に対して砲撃・空爆を行った。

『ハヤート』(12月19日付)によると、シリア軍および親政権民兵は、県北部ノハルファーヤー市一帯で、「穏健な反体制派」のイッザ軍、トルコマン・イスラーム党、アフラール軍などからなる反体制武装集団を撃退し、前日に喪失していた拠点を奪還したという。

SANA, December 18, 2017

**

ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がラフマーン軍団の拠点ジャウバル区、アイン・タルマー村、カフルバトナー町を砲撃した。

また、シャーム解放機構と共闘するシャイフ(ヘルモン)山部隊連合が抵抗を続ける県南西部(マガル・ミール村、バイト・ジン村一帯)に対してもシリア軍は砲撃を行った。

**

ヒムス県では、SANA(12月18日付)によると、反体制武装集団がカフルナーン村の住民を狙撃した。

**

ダルアー県では、SANA(12月18日付)によると、反体制武装集団がダルアー市カーシフ地区のスポーツ・クラブを砲撃し、7人が負傷した。

AFP, December 18, 2017、ANHA, December 18, 2017、AP, December 18, 2017、ARA News, December 18, 2017、Champress, December 18, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 18, 2017、al-Hayat, December 18, 2017、al-Mada Press, December 18, 2017、Naharnet, December 18, 2017、NNA, December 18, 2017、Reuters, December 18, 2017、SANA, December 18, 2017、UPI, December 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク