米国防総省は、イスラエル軍によるタイフール航空基地爆撃への参加を否定(2018年2月11日)

米国防総省のエイドリアン・ランキン=ギャロウェイ報道官(少佐)は、10日のシリア軍防空部隊によるイスラエル軍戦闘機を撃墜に関して、「米国は、イスラエル軍戦闘機がシリアに対して行った爆撃に参加していない」と述べた。

RT(2月11日付)が伝えた。

AFP, February 11, 2018、ANHA, February 11, 2018、AP, February 11, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 11, 2018、al-Hayat, February 12, 2018、Reuters, February 11, 2018、RT, February 11, 2018、SANA, February 11, 2018、UPI, February 11, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク