シリア軍はダーイシュとの戦闘の末、ハジャル・アスワド市北部地区を制圧(2018年5月13日)

ダマスカス郊外県では、SANA(5月13日付)によると、シリア軍がハジャル・アスワド市でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討戦を継続し、市役所交差点などがある同市北部地区を制圧した。

SANA, May 13, 2018

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア政府支配下のアレッポ市のナイル通り、ハーリディーヤ地区に、反体制武装集団が撃った迫撃砲弾6発が着弾し、住民多数が負傷した。

**

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月13日付)によると、シャーム解放委員会などからなる「堅固な建造物」作戦司令室はダルアー市内のシリア軍拠点複数カ所を砲撃した。

AFP, May 13, 2018、ANHA, May 13, 2018、AP, May 13, 2018、al-Durar al-Shamiya, May 13, 2018、al-Hayat, May 14, 2018、Reuters, May 13, 2018、SANA, May 13, 2018、UPI, May 13, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク