シリア軍はダルアー市東部のガラズ刑務所一帯地域を制圧し、大量の米国製兵器を押収(2018年7月10日)

ダルアー県では、SANA(7月10日付)によると、シリア軍がダルアー市東部で反体制武装集団(南部中央作戦司令室)との戦闘の末、ガラズ刑務所および穀物サイロ一帯の地域を制圧し、大量の米国製兵器を発見、押収した。
また、県北部のサムリーン村、カフルシャムス町、カフル・ナースィジュ村、アクラバー村で活動する反体制武装集団がシリア政府との停戦合意に応じた。

SANA, July 10, 2018

停戦合意は、武装集団による重火器・中火器の引き渡し、免罪希望者の免罪、国家機関の復旧、避難民の帰還支援などを骨子とするという。

このほか、『ハヤート』(7月11日付)によると、シリア軍ヘリコプターは、反体制派支配下のハーッラ市に和解を呼びかけるビラを散布した。

AFP, July 10, 2018、ANHA, July 10, 2018、AP, July 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, July 10, 2018、al-Hayat, July 11, 2018、Reuters, July 10, 2018、SANA, July 10, 2018、UPI, July 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク