米国はシリア民主軍離反者と接触しているとされるラッカ革命家旅団の司令官を事情聴取(2018年7月10日)

スマート・ニュース(7月10日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の軍事筋の話として、米軍の複数高官が、ラッカ県アイン・イーサー市南部にある軍事基地で、シリア民主軍に所属しているアラブ人民兵のラッカ革命家旅団のアフマド・ウスマーン司令官(アブー・イーサー)に対する事情聴取を行ったと伝えた。

事情聴取は、ウスマーン司令官が、シリア民主軍を離反し、トルコに逃れたタラール・サッルー氏(元シリア民主軍報道官)と接触しているとの情報を、米国がトルコ高官やシリアの反体制派から得たことを受けて行われたという。

事情聴取では、約4時間にわたって行われたという。

AFP, July 10, 2018、ANHA, July 10, 2018、AP, July 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, July 10, 2018、al-Hayat, July 11, 2018、Reuters, July 10, 2018、SANA, July 10, 2018、SMART News, July 10, 2018、UPI, July 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク