米主導の有志連合はダーイシュの支配下にあるダイル・ザウル県南東部一帯にビラを散布し、投降と外国人戦闘員についての情報提供を呼びかける(2018年10月9日)

ダイル・ザウル県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の広報センターによると、シリア民主軍が上バーグーズ村一帯、ハジーン市一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、戦闘員6人を殺害した。

一方、ドゥラル・シャーミーヤ(10月9日付)によると、米主導の有志連合は、ダーイシュの支配下にあるダイル・ザウル県南東部一帯にビラを散布し、投降を呼びかける一方、ムハージリーン(外国人)戦闘員の居場所についての情報提供者に懸賞金を支払うと告知した。

Kull-na Shuraka’, October 9, 2018

Kull-na Shuraka’, October 9, 2018

AFP, October 9, 2018、ANHA, October 9, 2018、AP, October 9, 2018、al-Durar al-Shamiya, October 9, 2018、al-Hayat, October 9, 2018、Reuters, October 9, 2018、SANA, October 9, 2018、UPI, October 9, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク