シリア国民連合幹部がアレッポ県西部の非武装地帯を訪問、国民解放戦線に所属するシャームの鷹大隊の司令官はこれを批判(2018年10月9日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月10日付)によると、トルコで活動するシリア革命反体制勢力国民連立のアブドゥッラフマーン・ムスタファー代表、ウンス・アブダ報道官を初めとする使節団が、トルコの支援を受ける国民解放戦線の随行を受けて、県西部のアンジャーラ村、一帯の非武装地帯を視察した。

al-Durar al-Shamiya, October 10, 2018

これに関して、国民解放戦線に所属するシャームの鷹大隊のアブー・イーサー・シャイフ司令官はツイッターのアカウント(https://twitter.com/aleesa71)を通じて「戦闘地域は、革命を防衛し、暴君を攻撃するために殉教者たちが流した血を踏みにじって、ホワイト・カラー連中が写真を撮る場所ではない」と批判した。

AFP, October 10, 2018、ANHA, October 10, 2018、AP, October 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, October 10, 2018、al-Hayat, October 11, 2018、Reuters, October 10, 2018、SANA, October 10, 2018、UPI, October 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク