シリア政府当局はヒムス県北部の旧反体制派支配地域で利用されていたトルコの通信ネットワークを遮断(2018年10月10日)

ドゥラル・シャーミーヤ(10月10日付)は、シリア政府当局が、ラスタン市、タルビーサ市などヒムス県北部一帯で、トルコの衛星ネットワークやインターネット回線を遮断した、と伝えた。

トルコの衛星通信ネットワークやインターネット回線は、2018年春まで同地を支配していた反体制武装集団によって開設されたもので、シリア政府による支配が復活して以降も、多くの住民が使用していた。

この措置を受けて、住民は、シリアテルやMTMの電話・インターネット回線を使用するようになっているという。

al-Durar al-Shamiya, October 10, 2018

AFP, October 10, 2018、ANHA, October 10, 2018、AP, October 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, October 10, 2018、al-Hayat, October 11, 2018、Reuters, October 10, 2018、SANA, October 10, 2018、UPI, October 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク