UNIFIL司令官はイスラエル北部を視察し、ヒズブッラーが掘削したトンネルを確認(2018年12月6日)

UNIFIL(国際連合レバノン暫定駐留軍)のステファノ・デル司令官(大佐)を団長とする派遣団は、レバノンとの境界(ブルー・ライン)に近いイスラエル北部のメトゥラ村を視察訪問した。

Twitter, December 6, 2018

メトゥラ村は、4日にブルー・ライン地帯でヒズブッラーが掘削・建設した地下トンネルを捜索・破壊することを目的とする「北部の盾」作戦を開始したイスラエル軍がトンネルを発見したと発表した場所。

UNIFILが出した声明によると、デル司令官らUNIFIL一行は、この場所にトンネルがあることを確認したという。

AFP, December 6, 2018、ANHA, December 6, 2018、AP, December 6, 2018、al-Durar al-Shamiya, December 6, 2018、al-Hayat, December 7, 2018、Reuters, December 6, 2018、SANA, December 6, 2018、UPI, December 6, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 諸外国の動き パーマリンク