ドイツの検察当局はシリア国内で逮捕者の拷問に関与していたとしてシリアの諜報機関元職員とされる2人を逮捕(2019年2月13日)

ドイツの検察当局は、シリア国内の刑務所での逮捕者2,000人以上に対する拷問に関与していたとして、諜報機関元職員とされるシリア人男性2人を逮捕したと発表した。

逮捕されたのは42歳と56歳の元諜報機関職員で、2012年にシリアを離れ、ドイツで難民申請をしていた。

ドイツ連邦裁判所が逮捕状を出し、12日に首都ベルリンとドイツ西部で逮捕した。

42歳の容疑者は2011年に首都ダマスカス郊外の検問所に勤務していた際、逮捕者を刑務所に連行し、拷問を手助けしたほか、2人を殺害したという。

一方、56歳の容疑者は諜報機関の元幹部で、刑務所での組織的な拷問を命じたとされる。

AFP, February 13, 2019、ANHA, February 13, 2019、AP, February 13, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 13, 2019、al-Hayat, February 14, 2019、Reuters, February 13, 2019、SANA, February 13, 2019、UPI, February 13, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク