トルコ軍と反体制武装集団がアレッポ県北部を砲撃し、住民1人とシリア軍兵士3人が負傷(2019年3月13日)

アレッポ県では、ANHA(3月13日付)によると、トルコの占領下にあるガンドゥーラ町近郊のキーマール村に展開するトルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、シーラーワー村近郊のズィヤーラ村を砲撃し、住民1人とシリア軍兵士3人が負傷した。

また、マーリア市に展開するトルコ軍と反体制武装集団はまた、タッル・リフアト市近郊のウンム・フーシュ村を砲撃した。

一方、北・東シリア自治局の支配下にあるマンビジュ市南部の街道では、仕掛けられていた爆弾が爆発した。

被害はなかった。

AFP, March 13, 2019、ANHA, March 13, 2019、AP, March 13, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 13, 2019、al-Hayat, March 14, 2019、Reuters, March 13, 2019、SANA, March 13, 2019、UPI, March 13, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク