シリア国内の暴力(2014年5月17日)

クッルナー・シュラカー(5月17日付)は、イスラーム戦線消息筋の話として、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)が同戦線の砲撃ミサイル旅団司令官のアブー・ミクダームを拘束し、処刑したと報じた。

アブー・ミクダームは、ダマスカス郊外県からイドリブ県への帰路、ハマー県のウカイリバート町近郊でダーイシュに拘束され、斬首されたという。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市アシュラフィーヤ地区内のシャバーブ・サカン地区を軍が「樽爆弾」で空爆、またサーフール地区への軍の砲撃により発電所が被害を受け、アレッポ市東部一帯が停電した。

また軍はアレッポ中央刑務所周辺、ハンダラート・キャンプ、ダーラ・イッザ市などを「樽爆弾」で空爆した。

一方、SANA(5月17日付)によると、アレッポ市ラーシディーン地区、ザフラー地区西部、バニー・ザイド地区、カースティールー地区、ハナーヌー地区、ジャービリーヤ地区、ダフラト・アブドゥラッブフ地区、マーリア市、ムスリミーヤ村、アターリブ市、アフタリーン市、タッル・リフアト市、タッル・スースィヤーン村、タッル・ジャビーン、ダーラ・イッザ市、スィムアーン村、カフル・カルミーン村、ダイルハーフィル村、カフルハムラ村、シャイフ・ナッジャール市工業団地地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ナワー市および同町近郊のジャービヤ丘周辺、ジャースィム市、タスィール町を軍が空爆・砲撃した。

一方、SANA(5月17日付)によると、ナワー市およびその周辺の丘陵地帯、ジャースィム市、タスィール町、ダルアー市内各所、アトマーン村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(5月17日付)によると、ムライハ市、TAMICO周辺、ナシャービーヤ町郊外、アドラー市ウンマーリーヤ地区、アーリヤ農場、ザバダーニー市郊外の山岳地帯、ダーライヤー市、ハーン・シャイフ・キャンプおよびその周辺で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線、イスラーム戦線の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、SANA(5月17日付)によると、ジャウバル区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(5月17日付)によると、ドゥワイル村郊外、アブディーン村、アーミリーヤ村、クサイル市郊外、フーマクリーヤ村、ラスタン市、スルターニーヤ村、西サラーム村、ハーリディーヤ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(5月17日付)によると、カフルタハーリーム町、ヒーラ町、カフルナジュド村、ナリラヤー村、バドリーヤ村、ラーミー村、カフルハーヤー村、ザフラト・カームーア村、アブディーター村、ハーン・スブル村、サルミーン市、マアッラト・ヌウマーン市で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, May 17, 2014、AP, May 17, 2014、ARA News, May 17, 2014、Champress, May 17, 2014、al-Hayat, May 18, 2014、Kull-na Shuraka’, May 17, 2014、al-Mada Press, May 17, 2014、Naharnet, May 17, 2014、NNA, May 17, 2014、Reuters, May 17, 2014、SANA, May 17, 2014、UPI, May 17, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.