日別アーカイブ: 2016年4月23日

米軍主導の有志連合はシリア領内で4回の空爆を実施(2016年4月23日)

米中央軍(CENTCOM)は、4月23日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は4回で、マンビジュ市近郊(2回)、マーリア市近郊(2回 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュはトルコ軍の越境砲撃支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室との交戦の末、トルコ国境の3カ村を制圧(2016年4月23日)

アレッポ県では、ARA New(4月23日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、トルコ軍の越境砲撃による支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室と交戦し、トルコ国境に近いカフルガーン村、タッル・フサイン村、バラーギ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダマスカス郊外県、アレッポ市一帯でシリア軍と、「穏健な反体制派」とアル=カーイダ系を含むイスラーム過激派の連合体との戦闘が激化、多くの住民が巻き添えとなり死傷(2016年4月23日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、東グータ地方における反体制武装集団の拠点であるドゥーマー市をシリア軍が砲撃し、子供2人を含む13人が死亡、22人が負傷した。 シリア軍と反体制武装集団は東グータ地方各所で交 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府高官と西クルディスタン移行期民政局高官がカーミシュリー市での停戦に向けて協議を重ねるなか、ハサカ市で散発的戦闘発生、またシリア軍はアレッポ市シャイフ・マクスード地区を空爆(2016年4月23日)

ハサカ県では、『ハヤート』(4月24日付)によると、カーミシュリー市にあるカーミシュリー国際空港(シリア政府支配下)で、シリア政府高官と西クルディスタン移行期民政局の高官が前日に引き続き、市内での戦闘停止に関する協議を行 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

「穏健な反体制派」とアル=カーイダ系を含むイスラーム過激派は、シリア政府とその同盟者に対して24時間以内の攻撃停止を最後通告(2016年4月23日)

アレッポ・ファトフ軍作戦司令室はSNSを通じて声明を出し、シリア政府およびその同盟者に対して、4月23日までに戦闘を停止するよう最後通告を発するとともに、国際社会に対してシリア軍による犯罪を抑止するよう呼びかけた。 アレ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ダマスカス旧市街での電気火災に関して、「活動家」はイラン人の不動産買収に利すると批判(2016年4月23日)

ダマスカス県では、『ハヤート』(4月24日付)などによると、旧市街のアスルーニーヤ地区で大規模火災が発生した。 消火作業にあたった消防隊高官によると、火災はアスルーニーヤ地区内の市場にある店舗から午前6時頃出火、周辺の商 … 続きを読む

カテゴリー: その他, 反体制勢力の動き | コメントする

デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表も停戦が「深刻な危機」に瀕していると警鐘、紛争での死者数が40人に達しようとしていると指摘(2016年4月23日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は、ジュネーブの国連本部で記者会見を開き、ジュネーブ3会議第3ラウンドの協議を4月27日まで継続すると発表する一方、シリア国内でのシリア軍と反体制派の戦闘激化によって、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

オバマ米大統領はシリア国内での停戦崩壊の危機に懸念を表明(2016年4月23日)

バラク・オバマ大統領は訪問先の英国ロンドンで、デヴィッド・キャメロン英国首相と会談後、記者会見を開き、シリア情勢に関して「停戦が持ちこたえるか…大いに懸念している…。敵対行為停止合意が崩壊すれば、良いオプションなどない」 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ドイツのメルケル首相がトルコ南部のガジアンテップ市を訪問、シリア国境に近い難民キャンプなどを視察(2016年4月23日)

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は23日、EUのドナルド・トゥスク欧州理事会常任議長とともにトルコのガジアンテップ市郊外ニズィップ村にあるシリア人難民キャンプなどを視察訪問していた。 AFP, April 23, 2016 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドーアン政権とシリアのアサド政権はアルジェリアを介して「ロジャヴァ・北シリア民主連邦」への対応を協議か?(2016年4月23日)

リビアの日刊紙『ワサト』(4月23日付)は、アルジェリアの複数の外交筋の話として、アルジェリア政府が、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の要請を受け、トルコ政府とシリア政府を仲介し、両国が「クルド・ファイル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする