日別アーカイブ: 2016年4月20日

米主導の有志連合はシリア領内で3回の空爆を実施(2016年4月20日)

米中央軍(CENTCOM)は、4月20日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は3回で、ブーカマール市近郊(1回)、ダイル・ザウル市近 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ラタキア県で活動する第一沿岸師団総司令官のイマード・タバク氏が何者かによって暗殺(2016年4月20日)

イドリブ県では、ARA News(4月21日付)によると、ラタキア県で活動する第一沿岸師団総司令官のイマード・タバク氏(アブー・ウダイ)が、ジスル・シュグール市を訪問中、何者かに襲撃され、死亡した。 『ハヤート』(4月2 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダマスカス郊外県ドゥマイル市内で活動していた親ダーイシュ組織がイスラーム軍などと合意し、一部は投降、一部は退去(2016年4月20日)

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(4月20日付)によると、ドゥマイル市内で活動していたダーイシュ(イスラーム国)と協力関係にあるスィッディーク大隊とリジャール・マラーミフ大隊が、同市の反体制武装集団との協議の … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュがシリア軍との戦闘の末ダイル・ザウル市スィナーア地区を完全制圧(2016年4月20日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がダイル・ザウル市内東部で、シリア軍との戦闘の末複数の街区を制圧、ダイル・ザウル航空基地に迫った。 同監視団によると、この戦闘でダーイシュはダイル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県などでシリア軍と反体制派の戦闘続く(2016年4月20日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍と思われる戦闘機がアレッポ市サラーフッディーン地区を空爆し、民間人7人が死亡した。 一方、SANA(4月20日付)によると、シリア軍がアウラム・スグラー村、カフルアンマ村 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

カーミシュリー市(ハサカ県)で西クルディスタン移行期民政局アサーイシュ隊員2人が国防隊の攻撃を受け死亡(2016年4月20日)

ハサカ県では、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊高官がロイター(4月20日付)に明らかにしたところによると、アサーイシュの隊員2人がカーミシュリー市でシリア軍に殺害された。 殺害された2人はカーミシュリー市内をパト … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

国連の仲介により、シリア政府側とファトフ軍側がダマスカス郊外県ザバダーニー市・マダーヤー町とイドリブ県フーア市・カファルヤー町の負傷者・病院の「住民交換」を実施(2016年4月20日)

AFP(4月20日付)などによると、シリア軍の包囲下にあるザバダーニー市とマダーヤー町と、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線やシャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍の包囲下にあるイドリブ県のフーア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュがアレッポ市北西部のマーリア市に迫るなか、OCHAは住民4万人が避難していることを懸念(2016年4月20日)

国連人道問題調整事務所(OCHA)は、アレッポ県北西部での戦闘激化を受け、4万人以上の住民が避難を余儀なくされていると指摘、懸念を表明した。 アレッポ県北西部のトルコ国境地帯では、ダーイシュ(イスラーム国)とハワール・キ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米国務省報道官は62人の死者を出した19日のイドリブ県でのシリア軍による「虐殺」に関して、「シリア軍が行った可能性がある…停戦が依然として維持されている」と述べる(2016年4月20日)

米国務省のジョン・カービー報道官は、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線やシャーム自由人イスラーム運動からなるファトフ軍の支配下にあるイドリブ県のマアッラト・ヌウマーン市、カファルナブル市の市場に対して19日に … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イラン軍のサーレヒー司令官はイラン軍がシリア領内に派遣されていることを認める(2016年4月20日)

イラン軍のアターッラー・サーレヒー司令官は、イラン軍の兵員がシリア領内に派遣されていることを認めた。 イラン軍が国外で活動を行うのは、1979年のイラク・イスラーム革命以降初めて。 サーレヒー司令官は「一部有志が関連組織 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアはリヤド最高交渉委員会によるジュネーブ3会議への参加中止を強く非難、米、フランス、トルコもこれに事実上同調(2016年4月20日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、モスクワでフランスのジャン=マルク・エロー外務大臣と会談し、シリア情勢などについて意見を交わした。 ラヴロフ外務大臣は会談後の記者会見で「交渉は中止されていない。リヤド最高交渉委員会 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア政府代表団長のジャアファリー国連シリア代表「政治解決とは挙国一致内閣、憲法、国会選挙であり、これ以外のことを考えている者は夢想家だ」(2016年4月20日)

ジュネーブ3会議に参加しているシリア政府代表団は、スイスの首都ジュネーブにある国連本部を訪れ、ラムズィー・イッズッディーン・シリア問題担当国連特別副代表と会談した。 会談後の記者会見で、シリア政府代表団を率いるバッシャー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする