日別アーカイブ: 2016年4月8日

米主導の有志連合はシリア領内で2回の空爆を実施(2016年4月8日)

米中央軍(CENTCOM)は、4月8日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は2回で、ダイル・ザウル市近郊(1回)、マンビジュ市近郊( … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュはダマスカス郊外県で拉致した工場労働者約250人のなかの人民諸委員会メンバーとドゥルーズ派宗徒を処刑(2016年4月8日)

ダーイシュ(イスラーム国)の広報部門アアマーク通信は、4日から連絡が途絶えダーイシュに拉致(殺害)されたと報じられていたダマスカス郊外県北東部のセメント工場の労働者約250人に関して、ダーイシュが安全な場所に移送し、取り … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がアレッポ市北部のハンダラート・キャンプ一帯で攻勢を強め、市内の反体制派支配地域の閉塞をめざす(2016年4月8日)

アレッポ県では、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(4月8日付)などによると、シリア軍、国防隊、パレスチナ人のクドス旅団などからなるアラブ系・アジア系民兵がロシア軍の航空支援を受けて、アレッポ市北部郊外のハンダラー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」の連合勢力はダルアー県タスィール町を制圧(2016年4月8日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団(シャーム自由人イスラーム運動、南部戦線、シャームの民のヌスラ戦線など)が、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団およびイスラーム・ムサンナー運 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア当局が拘束していた米フリーランスのカメラマンがチェコの仲介で釈放(2016年4月8日)

米国務省のジョン・カービー報道官は、2012年にシリア当局に拘束されていたフリーランスのカメラマン、ケヴィン・ドーズ氏が釈放されたと発表した。 カービー報道官は発表のなかで、ドーズ氏を「人質」(hostage)ではなく「 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線は捕捉したシリア人パイロットをリヤド交渉最高委員会所属のアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動に引き渡す(2016年4月8日)

シャームの民のヌスラ戦線の広報部門マナーラ・バイダーのツイッター・アカウント「アレッポ特派員」は、6日にアレッポ市南部郊外アイス村近郊でシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団が撃墜したシリア軍戦闘機のパイロッ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

中国の駐シリア特使「シリアでのロシアの軍事作戦は奨励されるべき進展」(2016年4月8日)

中国の駐シリア特使に解晓岩(Xie Xiaoyan)氏は記者団に対して「シリアでロシアが行う「テロとの戦い」のための作戦は国際社会の「テロとの戦い」の一環をなす。過去6ヶ月間のロシアのシリアでの軍事作戦は、同国での過激派 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPGによるハサカ県のムハンマド・ズアール・アリー県知事への退去猶予期間終了(2016年4月8日)

クッルナー・シュラカー(4月8日付)は、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊がハサカ県のムハンマド・ズアール・アリー県知事に対して発していた退去猶予の期間が終了した、と伝えた。 アリー県知事への退去猶予は、28日が同 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする