日別アーカイブ: 2016年7月10日

米軍主導の有志連合がマンビジュ市を爆撃、ダーイシュの幹部1人と民間人2人が死亡(2016年7月10日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、有志連合が、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が包囲するダーイシュ(イスラーム国)支配下のマンビジュ市を空爆しまた同市内のハザーウィ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市北部カースティールー街道一帯で「虎」ことスハイル・ハサン大佐率いるシリア軍が第4師団とともにヌスラ戦線などの攻撃を撃退し、シャーム軍団メンバーら29人を殲滅(2016年7月10日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市北部のカースティールー街道一帯の制圧に向けて攻撃を続けるシリア軍に対して、シャームの民のヌスラ戦線をはじめとする反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)が、アル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダルアー県西部でダーイシュ系のハーリド・ブン・ワリード軍がヌスラ戦線などと交戦(2016年7月10日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓う、ハーリド・ブン・ワリード軍がヤルムーク川流域一帯でシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団と交戦した。 AFP, July 10 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヒムス市での取材中に死亡した米国人女性記者の家族が米国でシリア政府を控訴(2016年7月10日)

ロイター(7月10日付)などは、2012年2月にヒムス市バーブ・アムル地区での取材中に死亡した米国人女性記者のマリー・コルヴィン氏(『サンデー・タイムズ』)の家族が、同氏を含む記者複数をシリア政府が殺害しと主張、アサド大 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領は欧州議会の使節団と会談し、欧州諸国の失政の矯正を求める(2016年7月10日)

アサド大統領は、欧州議会のジャヴィエール・クーソー副委員長を団長とする欧州議会使節団と首都ダマスカスで会談し、シリア情勢について意見を交わした。 会談でアサド大統領は、欧州議会が欧州各国政府による失政を強制するうえで重要 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする