日別アーカイブ: 2016年7月8日

ダーイシュ・ヒムス州はロシア軍戦闘ヘリを撃墜したと発表(2016年7月8日)

ヒムス県では、ダーイシュ(イスラーム国)のヒムス州広報局は声明を出し、タドムル市郊外の穀物サイロ地区東部でロシア軍攻撃ヘリコプターを撃墜したと発表した。 AFP, July 8, 2016、AP, July 8, 201 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はダーイシュの拠点都市マンビジュ市内のハザーウィナ地区を制圧、中心街から1キロの距離まで進軍(2016年7月8日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、有志連合の航空支援を受けた西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がマンビジュ市内南部ハザーウィナ地区をダーイシュ(イスラーム国)との交戦 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍、ないしはロシア軍と思われる戦闘機がイドリブ県ダルクーシュ町を爆撃し、「アフガン人女性を含む住民22人」が死亡(2016年7月8日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、所属不明(シリア軍ないしはロシア軍)の戦闘機がダルクーシュ町を空爆し、「住民」22人が死亡した。 このうち女性(女児を含む)は9人をおり、その一人はアフガン人女性だったという。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍のアレッポ市北部への進軍に対抗し、ヌスラ戦線と共闘する反体制派はシリア政府支配地域やロジャヴァ支配地域を砲撃し、30人が死亡するなか、米仏はシリア軍を非難(2016年7月8日)

アレッポ県では、SANA(7月8日付)によると、アレッポ市フルカーン地区、ファイイド地区、大学寮地区に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾複数発が着弾し、30人が死亡、140人以上が負傷した。 一方、シリア人権監視団によると、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は7月6~7日の2日間でマンビジュ市近郊を18回にわたり爆撃(2016年7月8日)

米中央軍(CENTCOM)は、7月6日~7日までの2日間のシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。 7月6日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は1 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする