日別アーカイブ: 2016年7月21日

米財務省はシリア政府を軍事面、財政面で支援する7人、8社を新たに対シリア制裁リストに追加(2016年7月21日)

米財務省は、シリア政府を軍事面、財政面などで支援するとされる7人、8社を対シリア制裁リストに追加、米国の資産凍結などの制裁対象に指定した。 AFP, July 22, 2016、AP, July 22, 2016、ARA … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュに忠誠を誓っていたダルアー市の反体制武装集団3組織がシャーム自由人イスラーム運動に合流(2016年7月21日)

ダルアー県では、ARA News(7月22日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓っていた南部旅団、アンサール・フダー運動、イーマーン連合の3組織がダーイシュを離反し、シャーム自由人イスラーム運動に加入した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アサド大統領「アレッポはエルドアンにとって最後のカードだ…トルコのクーデタ未遂はトルコの国内問題で、我々はエルドアンは去るべきだとか、とどまるべきだなどとは言わない…エルドアンはクーデタを利用して、自身の過激なアジェンダを実行しようとしている…これは地域にとって危険なことだ」(2016年7月21日)

キューバのプレンサ・ラティナ通信(7月21日付)は、アサド大統領に単独インタビューを行い、その全文を公開した。 プレンサ・ラティナ通信がスペイン語で配信したインタビュー全文(http://www.prensa-latin … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

米国が支援する「穏健な反体制派」が処刑したパレスチナ人少年の正体は成長障害の19歳のシリア人男性?!(2016年7月21日)

クッルナー・シュラカー(7月21日付)は、複数の活動家がSNSなどを通じて拡散している情報などをもとに、米国が支援する「穏健な反体制派」のヌールッディーン・ザンキー運動メンバーがパレスチナ人の少年を処刑した件に関して、少 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

オランド仏大統領はマンビジュ市北部での有志連合による住民「虐殺」に関して「フランス軍が空爆したとの情報を持っていない」と関与を否定(2016年7月21日)

フランスのフランソワ・オランド大統領は、米軍主導の有志連合によるマンビジュ市北部のトゥーハール村への空爆で、多数の民間人が死亡(シリア人権監視団などによると死者数は56人)した件に関して、フランス空軍の戦闘機が空爆を行っ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はマンビジュ市で籠城を続けるダーイシュに対して48時間以内に退去するよう最後通告(2016年7月21日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会は声明を出し、アレッポ県東部のマンビジュ市で籠城を続けるダーイシュ(イスラーム国)に対して、48時間以内に退去するよう求める最後通告を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍長距離爆撃機がヒムス県東部のダーイシュ拠点を空爆(2016年7月21日)

ヒムス県では、ロシア国防省によると、ロシア本土から出撃したロシアのTu22-M3長距離爆撃機が、スフナ市一帯、アーラーク油田一帯、タイバ村一帯を空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)の司令拠点、通信施設複数カ所を破壊した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市内および同市一帯でのシリア軍とヌスラ戦線などの反体制武装集団の攻防続く(2016年7月21日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市旧市街(バーブ・ジュナイン地区)一帯で、シリア軍とジハード主義武装集団が交戦、また交通課近くの地下に掘削されたトンネルの爆発によってシリア軍兵士少なくとも14人(ARA … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヌスラ戦線はシリア軍兵士と思われる男性12人の処刑映像を公開(2016年7月21日)

シリア国内の反体制武装集団を主導するアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線は、シリア人男性12人を銃殺する映像をインターネットを通じて公開した。 映像は、ダマスカス郊外県カラムーン地方の広報部門「カラムーン特派員 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米主導の有志連合は20日にシリア領内で9回の空爆を実施(2016年7月21日)

米中央軍(CENTCOM)は、7月20日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は9回で、ラッカ市近郊(1回)、マンビジュ市近郊(5回) … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする