日別アーカイブ: 2016年7月25日

ハサカ市でアサーイシュとシリア軍が衝突、バアス大隊隊員2人が死亡(2016年7月25日)

ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(7月25日付)によると、ハサカ市中心街の治安厳戒地区内で、西クルディスタン移行期民政局のアサーイシュがシリア軍および人民防衛諸集団と衝突し、人民防衛諸集団の一つバアス大隊の隊員2人が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍ヘリがスフナ市(ヒムス県)のダーイシュ拠点を爆撃し、一家4人が死亡(2016年7月25日)

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(7月25日付)によると、シリア軍ヘリコプターがダーイシュ(イスラーム国)支配下のスフナ市を「樽爆弾」で空爆し、一家4人が死亡、複数が負傷した。 一方、SANA(7月25日付)によると … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ市に対するシリア軍の「樽爆弾」攻撃でシャーム自由人イスラーム運動所属部隊の司令官が民間人らとともに死亡(2016年7月25日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市マシュハド地区各所をシリア軍ヘリコプターが「樽爆弾」で空爆し、建物が倒壊、アブー・アマーラ大隊(シャーム自由人イスラーム運動所属)の司令官1人と女性2人を含む12人が死 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

所属不明の戦闘機がアレッポ・ファトフ軍作戦司令室と「連携」するかたちで、アレッポ市北東部のナイラブ航空基地のシリア軍拠点を爆撃2016年7月25日)

アレッポ県では、ARA News(7月26日付)によると、所属不明の戦闘機がアレッポ市南東部のナイラブ航空基地内のシリア軍拠点複数カ所を空爆、これによりシリア軍兵士およびパレスチナ人からなるクドス旅団の戦闘員多数が死傷、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

首都ダマスカスのカフルスーサ区で爆弾テロ発生、また旧市街カイマリーヤ地区に迫撃砲弾複数発が着弾(2016年7月25日)

ダマスカス県では、SANA(7月25日付)によると、カフルスーサ区で爆破テロが発生し、多数の住民が負傷した。 ダマスカス警察によると、テロは爆弾が仕掛けられた車の爆発によるものだという。 これに関して、クッルナー・シュラ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イスラエル空軍はクナイトラ県バアス市に対して越境爆撃を実施(2016年7月25日)

シリア軍総司令部は声明を出し、25日午後7時半に、イスラエル軍の偵察戦闘機2機がクナイトラ県バアス市(県庁所在地)の労働者地区の住宅地をミサイル2発で攻撃し、同地が被害を受けた。 また、この攻撃に関して、総司令部は、イス … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ヌスラ戦線幹部はアル=カーイダとの絶縁の是非をめぐって審議:「絶縁はシャームの民に利益をもたらす」「絶縁すれば外国人戦闘員はダーイシュに移籍する」(2016年7月25日)

クッルナー・シュラカー(7月25日付)は、シャームの民のヌスラ戦線の広報局メンバーの一人アブー・ウマル・ダイリー氏の話として、ヌスラ戦線のシューラー評議会が数日前に複数回にわたり会合を開き、アル=カーイダとの関係解消につ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アル=カーイダ総司令部のザワーヒリー師はシリアのヌスラ戦線などの傘下組織に対して、欧米の民間人を拉致し、人質交換に利用せよと奨励(2016年7月25日)

アル=カーイダ総司令部のアイマン・ザワーヒリー師は、サハーブ・ネットを通じて音声声明(https://youtu.be/9rf7VKUMF64)を出し、シリア、北アフリカ、インドで活動するアル=カーイダの傘下組織に対して … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

フランス外務省はシリア軍、ロシア軍によるアレッポ市内の病院に対する爆撃を「国際法違反」と非難(2016年7月25日)

フランス外務省は声明を出し、シリア軍とロシア軍の空爆でアレッポ市内の病院4カ所が「利用不能」になったとする「独立医療協会」の発表に関して、「国際法違反」だと非難した。 フランス外務省は、有志連合によるマンビジュ市一帯での … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米英仏は、国連安保理で、ヌスラ戦線、アレッポ・ファトフ軍作戦司令室が封鎖解除をめざすアレッポ市北部カースティールー街道の開放を主唱、ロシア、エジプトはこれに反発(2016年7月25日)

国連安保理で、シリアの人道状況に関する会合が開かれ、米国、英国、フランスの国連大使が、シリア軍によって閉塞されたアレッポ市北部のカースティールー街道を開通させ、支援物資の搬入を行うよう要求、ステファン・オブライエン国連人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領はキプロス大主教クリソストモス2世らキプロス正教会の使節団と会談(2016年7月25日)

アサド大統領は首都ダマスカスで、シリアを訪問中のキプロス大主教クリソストモス2世らキプロス正教会の使節団と会談した。 SANA(7月25日付)によると、会談では、シリア情勢やシリア・キプロス関係などについて意見を交わした … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

米主導の有志連合は22~24日の3日間でマンビジュ市一帯を23回にわたり爆撃(2016年7月25日)

米中央軍(CENTCOM)は、7月22日~24日までの3日間のシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。 7月22日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を実施、このうち … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする