月別アーカイブ: 2018年11月

10月半ば以降ナスィーブ国境通行所を経由してヨルダンから帰国したシリア難民は2万3000人弱に(2018年11月28日)

SANA(11月28日付)によると、ダルアー県のナスィーブ国境通行所(ジャービル国境通行所)を経由して、ヨルダンに避難していたシリア難民が、28日も多数帰国したと伝えた。 ロシア合同調整センター所轄の難民受入移送居住セン … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は6件の違反を確認(2018年11月28日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(アレッポ県2件、ラタキア県3件)確認したと発表した。 トルコ側の監視チームも6件の停戦違反(アレッポ県2件、ハマー県2件、イドリブ県 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は11月18日~11月24日までの7日間でシリア領内で146回の爆撃を実施(2018年11月28日)

米中央軍(CENTCOM)は、11月18日~11月24日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の爆撃の戦果をHPで発表した。 11月18日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し26回の爆撃を実施、このう … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米国防総省報道官「アレッポ市での塩素ガス攻撃をイドリブ県攻撃の口実にしないことが不可欠」「ロシアに事件現場を改ざんしないよう警告し、OPCWによる公正で透明性のある調査を求める」(2018年11月27日)

米国防総省のショーン・ロバートソン報道官は、24日のアレッポ市に対する反体制武装集団の塩素ガス攻撃に関して声明を出し、「シリア政府が、偽りの口実につけ込んで、停戦を覆し、イドリブ県を攻撃しないようにすることが不可欠だ」と … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

サウジアラビアはロジャヴァ支配地域における部隊駐留についての報道を否定(2018年11月27日)

在トルコ・サウジアラビア大使館は、ツイッターのアカウント通じて声明を出し、米主導の有志連合の支援を受ける西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)支配下のシリア北東部にサウジアラビア軍が進駐したとの一部報道を否定した。 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米軍がトルコ国境に近いロジャヴァ支配地域(タッル・アブヤド市)に監視所を設置(2018年11月27日)

ドゥラル・シャーミーヤ(11月27日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)の支配下にあるラッカ県タッル・アブヤド市郊外の国境地帯に、米軍部隊が監視所を設置したと伝え、その写真を公開した。 ** スマート・ニュ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のバーブ市(アレッポ県)でシャーム自由人イスラーム運動とワーキー家の民兵が交戦(2018年11月27日)

アレッポ県では、ANHA(11月27日付)によると、トルコの実質占領下にあるバーブ市で、シャーム自由人イスラーム運動の戦闘員とワーキー家の民兵が交戦し、双方に負傷者が出た。 AFP, November 27, 2018、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

新興のアル=カーイダ系組織フッラース・ディーン機構などがラタキア県、ハマー県でシリア軍と交戦(2018年11月27日)

ラタキア県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月27日付)によると、新興のアル=カーイダ系組織フッラース・ディーン機構、アンサール・ディーン戦線、アンサール・タウヒード、アンサール・イスラーム集団からなる「信者を煽れ」作戦 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから107人、ヨルダンから697人の難民が帰国、避難民661人(うち404人はイドリブ県の反体制派支配地域にとどまっていた避難民)が帰宅(2018年11月27日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月27日付)を公開し、11月26日に難民804人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは107人(うち女性32人、子供55人 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構とシャーム自由人イスラーム運動はイドリブ県南部の検問所の処遇をめぐる対立を解消(2018年11月26日)

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構と、トルコの庇護を受ける国民解放戦線に所属するアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動は、イドリブ県南部のバーブーリーン村にある検問所の処遇をめぐる対立を解消する合意 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アルジェリア当局は離反兵やホワイト・ヘルメットのメンバー43人を拘束、近くシリアに身柄引き渡し(2018年11月26日)

ドゥラル・シャーミーヤ(11月26日付)は、アルジェリアの治安当局がタマンラセット県でシリア人43人を拘束、シリア政府に引き渡すことを決定したと伝えた。 同サイトによると、拘束されたシリア人は2ヶ月前にレバノンからアルジ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

アドラー市近郊の避難民収容センターの若者70人以上が徴兵される(2018年11月26日)

ダマスカス郊外県では、サウト・アースィマ(11月26日付)によると、アドラー市近郊のカフラバー(電力)収容センターで避難生活を送る国内避難民の若者70人以上が拘束され、ハラスター市の徴兵事務所に移送された。 AFP, N … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコの支援を受ける反体制派は「アサドのコピー」:自由シリア軍が市民を拷問する映像が公開(2018年11月26日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)に近いANHA(11月26日付)や反体制系サイトのドゥラル・シャーミーヤ(11月26日付)は、ハンムード・ムーサーを名のる活動家がツイッターのアカウント(https://twit … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ占領下のアフリーン郡でトルコ軍とスライマーン・シャー師団が交戦(2018年11月26日)

アレッポ県では、ANHA(11月26日付)によると、トルコの支援を受ける反体制武装集団の一つスライマーン・シャー師団がアフリーン郡シーヤ村でトルコ軍と交戦した。 また、地元消息筋によると、別の武装集団がこの戦闘に乗じて住 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はハマー県でイッザ軍、トルキスタン・イスラーム党と交戦(2018年11月26日)

ハマー県では、SANA(11月26日付)によると、ブライディージュ軍事基地、マギール村に展開するシリア軍部隊が県北部のサフル村、ジャナービラ村で活動する反体制武装集団を砲撃した。 シリア軍はまた、サルマーニーヤ村一帯で活 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アサド大統領はアラブ記者連合事務局メンバーからなる使節団と会談(2018年11月26日)

アサド大統領は、シリアを訪問中のアラブ記者連合の事務局メンバーからなる使節団と首都ダマスカスで会談した。 使節団はまた、ハムーダ・サッバーグ人民議会議長とも個別に会談した。 SANA(11月26日付)が伝えた。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アサド大統領は国内での和解プロセスを推進する組織「国民和解委員会」を新設、ハイダル国民和解担当国務大臣を委員長に任命(2018年11月26日)

アサド大統領は2018年政令第109号を施行、首相が所轄する庁に相当する組織の国民和解委員会を新設した。 国民和解委員会は、内閣の決定に基づき国内での和解プロセスを推進する組織。 またこれと合わせて、アサド大統領は201 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アサド大統領はハミース内閣の9閣僚を交代(2018年11月26日)

アサド大統領は2018年法令第360号を施行し、フサイン・アルヌース公共事業住宅大臣を水資源大臣に、アーティフ・ナッダーフ高等教育大臣(人民議会議員)を国内通商消費者保護大臣に、ムハンマド・ハーリド・ラフムーン政治治安部 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

OPCWはアレッポ市に対する反体制派の塩素ガス攻撃の調査を検討(2018年11月26日)

化学兵器禁止機関(OPCW)のフェルナンド・アリアス事務総長は、反体制武装集団によるアレッポ市への塩素ガス砲撃(24日)に関して「OPCWの事務局は事態を注視している…。OPCWは国連の安全保安局に連絡をとり、現地での治 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから117人、ヨルダンから425人の難民が帰国、避難民211人が帰宅(2018年11月26日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月26日付)を公開し、11月25日に難民542人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは117人(うち女性35人、子供59人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする