日別アーカイブ: 2020年3月15日

トルコの支援を受ける国民解放戦線総司令官が辞任、ロシア・トルコ軍の合同パトロールへの反対が理由でないと強調(2020年3月15日)

ドゥラル・シャーミーヤ(3月15日付)は、複数の情報筋の話として、トルコの支援を受ける国民解放戦線(シリア国民軍)のファドルッラー・ハッジー総司令官が辞任したと伝えた。 ハッジー総司令官はシリア・ムスリム同胞団系のシャー … Read More

北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるアレッポ県マンビジュ市郊外のキャンプにイドリブ県からの避難民が入居(2020年3月15日)

アレッポ県では、ANHA(3月15日付)によると、北・東シリア自治局傘下のマンビジュ民政評議会がイドリブ県からの国内避難民(IDPs)を収容するためにマンビジュ市の南約26キロの場所に建設していたジュダイダト・ハムル・キ … Read More

北・東シリア自治局は「シリア革命」9周年に合わせて声明を出し、シリア政府と反体制派が悲劇を長引かせていると非難(2020年3月15日)

北・東シリア自治局は「シリア革命」開始(2011年3月15日)9周年に合わせて声明を出し、シリア国内の悲劇を終わらせ、安定と民主主義の実現に貢献するため、「道徳的・愛国的責任を果たす」と表明した。 同局はまた「シリアの諸 … Read More

トルコ軍と国民軍がハサカ県、アレッポ県、ラッカ県を砲撃(2020年3月15日)

ハサカ県では、ANHA(3月15日付)、SANA(3月15日付)によると、トルコ軍とその支援を受けるシリア国民軍が、タッル・タムル町近郊のタッル・タウィーラ村(タウィーラト・ウィカーア村)を砲撃した。 ** アレッポ県で … Read More

北・東シリア自治局もモスクでの集団礼拝を禁止するなど新型コロナウイルス感染予防策を続ける(2020年3月15日)

北・東シリア自治局は決定第28号を施行、新型コロナウイルス感染予防策として、16日から19日までの4日間、自治局内のすべての公共機関を閉鎖することを決定した。 ** 北・東シリア自治局傘下のイスラーム民主社会大会は、14 … Read More

シリア政府による新型コロナウイルス感染予防策続く(2020年3月15日)

保健省は声明を出し、イラクから空路で帰国し、新型コロナウイルスの感染が疑われていたシリア人男性1人の検査結果が陰性だったと発表した。 ** イマード・ハミース内閣は前日に続いて閣議を開き、新型コロナウイルス感染防止対策を … Read More

シリア赤新月社はシャーム解放機構が自治を委託するシリア救国内閣によるイドリブ市とアリーハー市の事務所閉鎖と設備・医薬品没収を非難(2020年3月15日)

シリア赤新月社は声明を出し、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構によって自治を委託されているシリア救国内閣の検察総局が、イドリブ市、アリーハー市でのシリア赤新月社の事務所を閉鎖し、設備や医薬品を没収したことを受け … Read More

M4高速道路でのロシア・トルコ軍合同パトロールが住民とシャーム解放機構の妨害で中断を余儀なくされる(2020年3月15日)

イドリブ県では、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の5日の首脳会談での停戦合意に従い、ラタキア市とアレッポ市を結ぶM4高速道路での両国軍による合同パトロールが開始された … Read More

シリア軍はロシア・トルコ軍のM4高速道路沿線での合同パトロールが中断したのを受けて砲撃を実施(2020年3月15日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、5日のロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(5日深夜)してから10日目となる3月15日、シリア・ロシア軍、トルコ軍は爆撃を実施しなかったが、シリア軍、 … Read More

ロシア難民受入移送居住センター:難民956人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は577,144人に(2020年3月15日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月15日付)を公開し、3月14日に難民956人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは127人(うち女性38人、子供65人)、 … Read More