日別アーカイブ: 2020年7月9日

OPCW執行理事会は2017年3月のハマー県ラターミナ町でシリア軍が行ったとされる化学兵器攻撃を非難(2020年7月9日)

化学兵器禁止機関(OPCW)はオランダのハーグで9日に開催された執行理事会で、2017年3月にハマー県ラターミナ町でシリア軍が行ったとされる化学兵器攻撃を非難し、化学兵器の即時使用停止を要求する決議(EC-94/DEC. … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

『シャルク・アウサト』:マーヒル・アサド准将に近い士官7人が相次いで死亡(2020年7月9日)

『シャルク・アウサト』(7月9日付)は、マーヒル・アサド准将に近い士官の暗殺が相次いでいる、と伝えた。 同紙によると、この2週間で准将5人、大佐2人が相次いで死亡していると伝えた。 暗殺された士官は以下の通り: アリー・ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

アサド大統領のいとこでビジネスマンのマフルーフ氏はフェイスブックで社員の家族(女性たち)が不当に逮捕されていると不満を表明(2020年7月9日)

アサド大統領のいとこでビジネスマンのラーミー・マフルーフ氏は、自身のフェイスブックの公式アカウント(https://www.facebook.com/RamiMakhloufSY/)にメッセージを投稿し、社員の家族(女性 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シャーム解放機構支配下のイドリブ県で初の新型コロナウイルス感染者が確認される(2020年7月9日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月9日付)やシリア人権監視団によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を握るバーブ・ハワー国境通行所に設置されているバーブ・ハワー病院の事務局は、勤務 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イドリブ市、サルキーン市で反体制デモ(2020年7月9日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、イドリブ市で8日深夜、体制打倒、「革命」継続、シリア政府の刑務所に拘置されている逮捕者の釈放を求めるデモが行われた。 また、サルキーン市で避難生活を送るハマー県からの国内避難民( … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ロシア軍とトルコ軍がアイン・アラブ(コバネ)市近郊の国境地帯で合同パトロール(2020年7月9日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍とトルコ軍がアイン・アラブ(コバネ)市近郊の国境地帯で合同パトロールを実施した。 AFP, July 9, 2020、ANHA, July 9, 2020、AP, Jul … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

国連ジュネーブ事務局シリア常駐代表は米国、イスラエル、トルコが、ドローンによる軍事攻撃や国家テロを激化させていると非難(2020年7月9日)

国連ジュネーブ事務局シリア常駐代表のフサームッディーン・アーラーン大使は、ジュネーブで開催された人権理事会での会合で、米国、イスラエル、トルコが、無人航空機(ドローン)による軍事攻撃や国家テロを激化させていると非難した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリアへの越境人道支援をバーブ・ハワー国境通行所に限定するとしたロシアの安保理決議案が米英仏独、ベルギーなどの反対で廃案に(2020年7月9日)

国連安保理は、周辺国からシリアへの越境人道支援をイドリブ県のバーブ・ハワー国境通行所経由に限定して、1年間延長するとしたロシアの決議案が、米国、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、エストニア、ドミニカ共和国の7カ国が反対で … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でシリア軍と「決戦」作戦司令室が交戦(2020年7月9日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから126日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるザーウィヤ山 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:難民34人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は581,545人に(2020年7月9日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(7月9日付)を公開し、7月8日に難民34人(うち女性10人、子供17人)が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは難民34人(うち … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする