シリア反体制勢力の動き(2014年7月18日)

アレッポ県で活動するハズム運動など「穏健な」武装集団8組織は、共同声明を出し「土地を荒廃させた者たちへの戦い」と銘打って、シャームの民のヌスラ戦線に対する攻撃を開始したと発表した。

声明において、ハズム運動らは、アレッポ市救済のための部隊派遣の合意をヌスラ戦線が履行していないと批判、同合意に違反した部隊、戦闘員をシャリーア委員会で処罰すると表明、ヌスラ戦線にアレッポ市への進軍を求めた。

共同声明を出した8組織は以下の通り:

Kull-na Shuraka', July 19, 2014

Kull-na Shuraka’, July 19, 2014

1. ハズム運動

2. 第13師団

3. 第101師団

4. 山地の鷹

5. ハック戦闘戦線

6. シリア革命家戦線

7. アンサール師団

8. フルサーン・ハック旅団

AFP, July 18, 2014、AP, July 18, 2014、ARA News, July 18, 2014、Champress, July 18, 2014、al-Hayat, July 19, 2014、July 20, 2014、Kull-na Shuraka’, July 18, 2014、July 19, 2014、al-Mada Press, July 18, 2014、Naharnet, July 18, 2014、NNA, July 18, 2014、Reuters, July 18, 2014、SANA, July 18, 2014、UPI, July 18, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク