クルド民族主義勢力の動き(2014年7月18日)

ハサカ県では、ARA News(7月19日付)によると、ハサカ県ムフティー地区で、民主連合党などが中心となって、ダーイシュ(イスラーム国)の侵攻を受けるアレッポ県アイン・アラブ市(コバーニー市)との連帯を訴えるデモが行われ、住民数百人が参加した。

ARA News, July 19, 2014

ARA News, July 19, 2014

**

シリア・クルド国民評議会は、ハサカ県カーミシュリー市で大会を開き、国内情勢などについて討議、西クルディスタン移行期民政局(ジャズィーラ地区)立法評議会(ディーワーン)が13日に承認した「民主的自治区自衛義務遂行法」(いわゆる兵役法)を「20歳代の若者の人口流出の恐れがある」として拒否することを確認した。

ARA News, July 18, 2014

ARA News, July 18, 2014

AFP, July 18, 2014、AP, July 18, 2014、ARA News, July 18, 2014、Champress, July 18, 2014、al-Hayat, July 19, 2014、Kull-na Shuraka’, July 18, 2014、al-Mada Press, July 18, 2014、Naharnet, July 18, 2014、NNA, July 18, 2014、Reuters, July 18, 2014、SANA, July 18, 2014、UPI, July 18, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク