シリア国内の暴力(2014年8月10日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアレッポ市バイヤーダ地区を「樽爆弾」などで空爆し、市民2人が死亡、またマイダーン地区に反体制武装集団が撃った手製の迫撃砲が着弾した。

一方、SANA(8月10日付)によると、クワイリス村、ダイル・ハーフィル市、マスカナ市、ハンダラート・キャンプ、アレッポ市シャッアール地区、アレッポ城周辺、ハナーヌー地区、旧市街などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、イドリブ市各所に、ジハード主義武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、子供5人と女性1人が死亡した。

またシリア軍はマアッラト・ヌウマーン市西部および南部地区を空爆、ビンニシュ市に「樽爆弾」を投下した。

一方、SANA(8月10日付)によると、マアッルシューリーン村、マアッラト・ヌウマーン市、ダイリーニー村、ナイラブ村西部、クマイナース村、マルイヤーン村、カフルハーヤー村、シュグル村、サルマーニーヤ村、カルトゥーン村、ハーッジ・ハンムード農場、ハッルーズ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線の外国人戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ラターミナ町各所をシリア軍が空爆し、子供1人を含む6人が死亡した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ハーン・シャイフ・キャンプ西部にシリア軍が「樽爆弾」を投下した。

また対レバノン国境のアッサール・ワルド村で軍が強制捜査を行う一方、ダイル・アサーフィール市が「樽爆弾」の空爆を受けた。

さらにガズラーニーヤ町近郊(ダマスカス国際空港街道)で軍とジハード主義武装集団が交戦した。

このほか、ティーマー農場で、シリア軍第86旅団司令官のマヒール・アフマド准将と第7師団のアースィフ・ナースィーフ大佐が戦死した。

一方、SANA(8月10日付)によると、ダイル・マクラン町、ダーライヤー市、ムライハ市北部郊外、ジスリーン町交差点、ムライハ市、ナシャービーヤ農場、アーリヤ農場、シャイフーニーヤ農場、ミスラーバー市、バイト・ティーマー村、ハーン・シャイフ・キャンプ郊外で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ヤルムーク区でシリア軍兵士が狙撃され死亡、またシリア軍、PFLP-GC民兵が武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダルアー市ガルズ地区にシリア軍が「樽爆弾」を投下、また同市内でシリア軍、国防隊とジハード主義武装集団が交戦し、軍兵士5人、武装集団戦闘員4人を含む11人が死亡した。

このほか東カラク村をシリア軍が砲撃し、5人が死亡、マハッジャ村で男性1人が死亡した。

一方、SANA(8月10日付)によると、サムリーン村、ジーザ町、ウンム・ワラド村、ラジャート高原一帯、ナワー市・ジャービヤ丘街道、東カラク村、ムライハト・アトシュ村・フラーク市街道、アトマーン村、スラヤー村・インヒル市交差点で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(8月10日付)によると、ルハイヒーナ村、マジュドゥーリヤー村、アジュラフ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(8月10日付)によると、ウンム・シャルシューフ村方面、ウンク・ハワー村、ウンム・リーシュ村、ラッフーム村、アイン・フサイン村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, August 10, 2014、AP, August 10, 2014、ARA News, August 10, 2014、Champress, August 10, 2014、al-Hayat, August 11, 2014、Kull-na Shuraka’, August 10, 2014、al-Mada Press, August 10, 2014、Naharnet, August 10, 2014、NNA, August 10, 2014、Reuters, August 10, 2014、SANA, August 10, 2014、UPI, August 10, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.