イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き(2014年8月11日)

シリア国内の動き

アレッポ県では、ARA News(8月11日付)によると、アイン・アラブ市郊外のビール・タトマフ村にあるダーイシュ(イスラーム国)の拠点を西クルディスタン移行期部民局人民防衛隊が攻撃し、ダーイシュ戦闘員複数が死傷した。

一方、ダーイシュは、ジャアダ村の拠点からブルフ・ブーターン村、アシュマー村に向かって迫撃砲で砲撃を加え、複数の住民を死傷させた。

これに対して、人民防衛隊は、ジャアダ村・カッラ・クーザーク橋分岐点のダーイシュ検問所を砲撃し、応戦した。

このほか、カッターシュ村、ジュッブ・ファルジュ村でも未明に、人民防衛隊とダーイシュが交戦し、双方に死傷者が出た。

他方、SANA(8月11日付)によると、バーブ市で、軍がダーイシュ(イスラーム国)の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、ARA News(8月11日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊が未明に重火器などハサカ県グワイラーン地区に配備、国防隊やシリアの治安機関とともに、武装集団と交戦した。

ARA News, August 11, 2014
ARA News, August 11, 2014

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)によって占拠されているブーカマール市の旧軍事情報局ビル、ムーハサン市をシリア軍が空爆、砲撃した。

またダイル・ザウル市南西部のハッラータ油田地区・シューラー地区街道で、国防隊がダーイシュを要撃、ダーイシュ戦闘員3人を殺害した。

この戦闘で国防隊隊員も1人が戦死した。

このほか、シリア人権監視団は、ダイル・ザウル市ラシュディーヤ地区、ジュバイラ地区、ムワッザフィーン地区で、イスラーム国(ダーイシュ)への忠誠を拒否したジハード主義武装集団から、ダーイシュが武器、弾薬、装備を募集したと発表した。

武器などを没収されたとされる武装集団は、ムハージリーン・イラー・アッラー旅団、アッバース旅団、正統カリフ旅団など。

イラク国内の動き

アンバール県作成司令官は、ラマーディー市北部一帯でのイラク軍による浄化作戦で、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員14人を殲滅したと発表した。

マダー・プレス(8月11日付)が伝えた。

**

バービル県では、マダー・プレス(8月11日付)によると、ジュルフ・サフル地方でのイラク軍による掃討作戦で、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員14人が殺害された。

**

ディヤラ県では、マダー・プレス(8月11日付)によると、ヤアクーバ市東部のジャルーラー地方をイスラーム国(ダーイシュ)がイラク・クルディスタン地域ペシュメルガとの交戦の末に、制圧した。

**

イラク内務省によると、バグダード県南部のユースフィーヤ地区で、イラク軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦し、ダーイシュ戦闘員3人、イラク軍兵士2人が死亡した。

AFP, August 11, 2014、AP, August 11, 2014、ARA News, August 11, 2014、Champress, August 11, 2014、al-Hayat, August 12, 2014、Kull-na Shuraka’, August 11, 2014、al-Mada Press, August 11, 2014、Naharnet, August 11, 2014、NNA, August 11, 2014、Reuters, August 11, 2014、SANA, August 11, 2014、UPI, August 11, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク