シリア政府の動き(2014年8月17日追記)

ARA News(8月18日付)によると、ハサカ市のバアス党ハサカ支部で党幹部による会合が開かれ、同市、とりわけグワイラーン地区の治安対策についての審議が行われた。

会合には、ハラール・ハラール地域指導部副書記長、ユースフ・アフマド地域指導部地域組織局長、ムハンマド・シャアバーン・アッズーズ地域指導部労働者局長(兼労働者総連合総裁)、ハルフ・マフシャム・ハサカ支部書記長、ムハンマド・ズアール・アリー・ハサン県知事、ハマード・サウード農民総同盟総裁らが出席した。

会合では、同地でのバアス大隊(国防隊)の早急な結成の必要などが確認されたという。

ARA News, August 18, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.