シリア反体制勢力の動き(2014年8月20日)

ダマスカス県のジャウバル区で活動する複数の活動家は、2013年8月21日のダマスカス郊外県グータ地方での化学兵器使用事件発生から1年目となる数時間前(20日)に、シリア軍がジャウバル区で塩素ガスを使用し、5人が死亡、住民多数が呼吸困難などの症状を訴えたと吹聴した。

クッルナー・シュラカー(8月20日付)が伝えた。

**

クッルナー・シュラカー(8月20日付)は、シリア革命反体制勢力国民連立のアフマド・ウワイヤーン・ジャルバー前代表と民主連合党が19日、ハサカ市の治安および住民保護のための相互理解を深め、双方の捕虜・逮捕者を解放することで合意した、と報じた。

同報道は、ハサカ市のアラブ人、クルド人、アッシリア教徒、シリア正教徒、トルクメン人、アルメニア人、ヤズィーディー教徒、チェチェン人といった社会集団の利益のためになされた合意だが、ジャルバー前議長が何を代表しているかは不明。

AFP, August 20, 2014、AP, August 20, 2014、ARA News, August 20, 2014、Champress, August 20, 2014、al-Hayat, August 21, 2014、Kull-na Shuraka’, August 20, 2014、al-Mada Press, August 20, 2014、Naharnet, August 20, 2014、NNA, August 20, 2014、Reuters, August 20, 2014、SANA, August 20, 2014、UPI, August 20, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.