イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き(2014年8月26日追記)

シュアイタート部族の部族長、名士らは、ビデオ声明(https://www.youtube.com/watch?v=E-oENvFXAjU)を出し、ダーイシュ(イスラーム国)のカリフを名乗るアブー・バクル・バグダーディー氏への忠誠を表明、「ラワーヒドども(シーア派のこと)、ヌサイリー派ども(アラウィー派のこと)、クルド人、アラブ人などの共産主義者ども」に対する闘争を強化するため、拘束中の部族の子息(700人以上とされる)への恩赦を誓願した。

Kull-na Shuraka', August 26, 2014

Kull-na Shuraka’, August 26, 2014

**

ハサカ県では、ARA News(8月26日付)によると、ハサカ市北部のハシュマーン村で、西クルディスタン移行期民政局アサーイシュがダーイシュ(イスラーム国)メンバーの自宅に突入、ダーイシュの兵站部門責任者を逮捕した。

また、アサーイシュはアームーダー市の反体制活動家自宅に対して強制捜査を行い、2人を逮捕した。

一方、ヤアルビーヤ町に近いジャズア村一帯で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊がダーイシュ(イスラーム国)と戦闘を続け、人民防衛隊によると、ダーイシュ戦闘員4人を殺害した。

ARA News, August 26, 2014をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク