シリア国内の暴力:ヌスラ戦線がUNDOF隊員を拉致(2014年8月29日)

28日にゴラン高原(クナイトラ県)の非武装地帯でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団が拘束したUNDOF隊員43人に関して、『ハヤート』(8月30日付)などは、拘束された隊員がフィージー軍部隊だと報じた。

また、非武装地帯内で孤立している隊員81人がフィリピン軍部隊で、2カ所の拠点に分かれて孤立していると付言した。

**

シリア人権監視団によると、ヌスラ戦線などがUNDOF隊員を拘束したのは、「アサドの軍(シリア軍がクルーム丘のUNDOFの拠点に退避し、同拠点で反体制戦闘員の遺体2体が見つかった」ためだという。

**

シリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、クナイトラ県でシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団によるUNDOF隊員の拘束に関して「革命家の道徳とは無縁」と非難し、即時解放を求めた。

**

SANA(8月29日付)によると、シリア軍がクナイトラ県のウンム・バーティナ村、西サムダーニーヤ村、マジュドゥーリヤー村、ルワイヒーナ村、ビイル・アジャム村で、シャームの民のヌスラ戦線の拠点を攻撃・破壊、複数の「テロリスト」を殺傷した。

AFP, August 29, 2014、AP, August 29, 2014、ARA News, August 29, 2014、Champress, August 29, 2014、al-Hayat, August 30, 2014、Kull-na Shuraka’, August 29, 2014、al-Mada Press, August 29, 2014、Naharnet, August 29, 2014、NNA, August 29, 2014、Reuters, August 29, 2014、SANA, August 29, 2014、UPI, August 29, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク