シリア国内の暴力:対レバノン国境で激しい戦闘(2014年8月29日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、カラムーン地方無人地帯(フライタ村郊外)で、シャームの民のヌスラ戦線とヒズブッラー戦闘員が交戦、ヒズブッラー戦闘員2人が死亡した。

ヒズブッラー戦闘員は、ラアス・マアッラ町郊外の無人地帯での戦闘にも参加、またシリア軍が同地でヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団を要撃し、戦闘員10人を殺害した。

また、スマート・ニュース(8月29日付)によると、ザバダーニー市東部山岳地帯で、シリア軍が「ザバダーニー統合軍」が交戦し、シリア軍兵士25人が死亡した。

一方、SANA(8月29日付)によると、アイン・タルマー渓谷、ジスリーン町、ハティータト・ジャルシュ町、ザブディーン村、ザバダーニー市、ハーン・シャイフ・キャンプ郊外、フライタ村郊外の無人地帯、カラムーン地方無人地帯で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市ハラク地区をシリア軍が「樽爆弾」で空爆し、住民4人が死亡した。

またシリア軍はフライターン市各所を空爆し、3人が死亡した。

一方、SANA(8月29日付)によると、ハーン・アサル村、ハーン・トゥーマーン村、ハンダラート・キャンプ、航空士官学校一帯、ダーラ・イッザ市、アルシャーフ村、自由貿易地区、シャイフ・ルトフィー村、アレッポ市バニー・ザイド地区で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ハズラ村で爆弾が仕掛けられた車が爆発し、住民6人が死亡、5人が負傷した。

一方、SANA(8月29日付)によると、サラーキブ市、マアッラト・ヌウマーン市一帯で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区をシリア軍が地対地ミサイル、戦闘機などで激しく空爆した。

一方、SANA(8月29日付)によると、シリア軍がジャウバル区で反体制武装集団の掃討を続け、複数の外国人戦闘員を殺害、アスアミー通り、イマーディーヤ通り、フザイファ・モスク一帯のビル数棟を制圧した。

**

ハマー県では、スマート・ニュース(8月29日付)が、サイヤード村でシリア軍が塩素ガスを装填した「樽爆弾」を投下し、複数名が呼吸困難を訴えたと主張した。

**

ヒムス県では、SANA(8月29日付)によると、マリーミーン村、東サラーム村、アルシューナ村、タッル・ザハブ町、タッルドゥー市などで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(8月29日付)によると、ヒルバト・ガザーラ町周辺、ウンム・マヤーズィン町、ラジャート高原、ヌアイマ村、フラーク市、ヤードゥーダ村・アトマーン村街道、インヒル市郊外、ハッラーブ・シャフム村・ヤードゥーダ村街道、ダルアー市Syriatelビル一帯などで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, August 29, 2014、AP, August 29, 2014、ARA News, August 29, 2014、Champress, August 29, 2014、al-Hayat, August 30, 2014、Kull-na Shuraka’, August 29, 2014、al-Mada Press, August 29, 2014、Naharnet, August 29, 2014、NNA, August 29, 2014、Reuters, August 29, 2014、SANA, August 29, 2014、SMART News, August 29, 2014、UPI, August 29, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク