諸外国の動き:デミストゥラ共同特別代表、アレッポでの戦闘中止の必要を強調(2014年12月3日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表はパリでのUNESCOのシンポジウムで「アレッポ市はもっとも被害が深刻だが、希望向けた実験室になり得る…。戦闘中止を試みるため同市に努力を集中させるべきだ」と述べた。

AFP(12月3日付)が伝えた。

AFP, December 3, 2014、AP, December 3, 2014、ARA News, December 3, 2014、Champress, December 3, 2014、al-Hayat, December 4, 2014、Kull-na Shuraka’, December 3, 2014、al-Mada Press, December 3, 2014、Naharnet, December 3, 2014、NNA, December 3, 2014、Reuters, December 3, 2014、SANA, December 3, 2014、UPI, December 3, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク