イドリブでヌスラ戦線とシャーム自由人イスラーム運動が交戦、またアレッポでもヌスラ戦線が第16師団(自由シリア軍)メンバー11人を拘束(2015年1月31日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカークッルナー・シュラカー(1月31日付)などによると、ビンニシュ市近郊の街道(ビンニシュ・イドリブ街道)に設置された検問所で、シャーム自由人イスラーム運動とシャームの民のヌスラ戦線とが交戦し、前者のシャリーア学者のアブー・アスヤド・ジャズラーウィー氏が死亡した。

検問所はシャーム自由人イスラーム運動のもので、ヌスラ戦線が近くに別の検問所を設置しようとしたのをアブー・アズヤド氏が拒否したことで衝突が起きたという。

また、シリア人権監視団によると、アルバイーン山一帯でシリア軍が、シャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦し、武装集団戦闘員11人が死亡した。

一方、SANA(1月31日付)によると、タッル・サラムー一帯、アブー・ズフール町一帯で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、『ハヤート』(2月1日付)によると、第16師団(自由シリア軍)が声明を出し、アレッポ市アシュラフィーヤ地区での戦闘に参加しようとしていた戦闘員11人がシャームの民のヌスラ戦線によって拘束されたと発表された。

また、シリア人権監視団によると、シリア軍はアレッポ市南部郊外一帯を空爆する一方、アレッポ市アシュラフィーヤ地区、旧市街、ザフラー地区で、国防隊とともに、アンサール・ディーン戦線などジハード主義武装集団と交戦した。

一方、ドゥラル・シャーミーヤ(1月31日付)によると、アレッポ市南部で活動するシャーム戦線、シャームの民のヌスラ戦線などの武装集団が、アブティーン村、アドナーニーヤ村、科学研究センター(アレッポ市西ザフラー地区)、ハナースィル市に進軍を続けるシリア軍に対抗するため、「南部郊外作戦司令室」を結成した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ムハルダ市一帯をジハード主義武装集団が砲撃し、子供1人、女性5人を含む住民7人が死亡した。

これに対して、シリア軍はアイドゥーン村、ラハーヤー村などを「樽爆弾」を投下した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がガルナータ村、ラスタン市などに「樽爆弾」を投下し、女性1人と子供1人が死亡した。

一方、SANA(1月31日付)によると、ウンム・リーシュ村、ムシャイリファ村、東サラーム村、タルビーサ市一帯、ウンム・シャルシューフ村、ワアラ村、ハラーリーヤ村、タッル・アブー・サナービルで、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、タダームン区にあるジハード主義武装集団の拠点をシリア軍が攻撃し、戦闘員2人が死亡した。

またジャウバル区で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(1月31日付)によると、ジャウバル区で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ザバダーニー市西方の山岳地帯を砲撃した。

一方、SANA(1月31日付)によると、ダイル・アサーフィール郊外、ザブディーン郊外、ザマルカー町、ハラスター市、タイバ村、カラムーン地方郊外無人地帯で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(1月31日付)によると、フラーク市・ガーリーヤート村街道などで、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、自由シリア軍南部戦線のアブドゥッラー・アブー・タルハ現地司令官は、アナトリア通信(1月31日付)に対して、ダルアー県のシャイフ・マスキーン市にある第82旅団展開地域などを含む同県の70%を制圧したと主張した。

AFP, January 31, 2015、Anadolu Ajansı, January 31, 2015、AP, January 31, 2015、ARA News, January 31, 2015、Champress, January 31, 2015、al-Durar al-Shamiya, January 31, 2015、al-Hayat, February1, 2015、Iraqi News, January 31, 2015、Kull-na Shuraka’, January 31, 2015、al-Mada Press, January 31, 2015、Naharnet, January 31, 2015、NNA, January 31, 2015、Reuters, January 31, 2015、SANA, January 31, 2015、UPI, January 31, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク