ハサカ市で、シリア軍、YPGによるダーイシュ(イスラーム国)の追撃続く(2015年7月27日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ市南部各所を戦闘機(所属不明)が空爆する一方、シリア軍がズフール地区、西ヌシューワ地区などのダーイシュ(イスラーム国)拠点を砲撃した。

またハサカ市ズフール地区では、シリア軍、国防隊がダーイシュと交戦した。

一方、カーミシュリー市では、爆弾が仕掛けられた車2台が相次いで爆発し、男性1人死亡、7人が負傷した。

爆発はコルニーシュ通り、ガナム市場で発生、西クルディスタン移行期民政局アサーイシュの車輌などが標的となった。

他方、SANA(7月26日付)によると、シリア軍がハサカ市ズフール地区から逃走するダーイシュ(イスラーム国)戦闘員を追撃、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、バースィル交差点、パノラマ交差点の間の街道沿いに位置する建物に立てこもるダーイシュに対して攻撃を加えた。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(7月26日付)によると、ザバダーニー市郊外(マダーヤー町)の反体制武装集団に対するシリア軍の特殊作戦でにより、ダーイシュ(イスラーム国)の司令官ハリール・マフムード氏ら3人を殺害した。

**

ヒムス県では、SANA(7月26日付)によると、タドムル市北部一帯、採石場一帯、ワーディー・アブヤド、シャンダーヒーヤ村で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(7月26日付)によると、アイドゥーン村、ウンク・バージーラー村、トゥルール・フムル村、アカシュ村で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

米中央軍(CENTCOM)は、7月27日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は9回におよび、ハサカ市近郊(7回)、アレッポ市近郊(2回)のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, July 27, 2015、AP, July 27, 2015、ARA News, July 27, 2015、Champress, July 27, 2015、al-Hayat, July 28, 2015、Iraqi News, July 27, 2015、Kull-na Shuraka’, July 27, 2015、al-Mada Press, July 27, 2015、Naharnet, July 27, 2015、NNA, July 27, 2015、Reuters, July 27, 2015、SANA, July 27, 2015、UPI, July 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク